スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Purple Wikipedia @ 基礎技術編 

えーっと、どうやら、アメリカ生活(チューター編)は暗礁に乗り上げてしまったようです。
幾度となく編集を繰り返してますが、
納得しません。
どうやら、1つの記事では収まらないトピックらしく、
今は考えたくもありません(笑)。
近いうち、時間があれば書き上げようと思っています。

そして、最近はうれしいことに、
ゴルフをしていない方々も私の記事を読んでくださっているようです。
そうなりますと、
ゴルフの専門用語がネックとなります。
なぜならば、ゴルファーには伝わるけども、
ほかの方には伝わらないからです。
たとえば、ライ角などと私たちは普通に使いますが、
ゴルフをしていない人にはさっぱり意味がわかりません。
ライ角(ゴルフクラブを地面に立てたとき、地面とそのシャフト(クラブにささっている鉄の棒)の織り成す角度)と補足しなければならなくなります。
そうなると、一般のゴルファーの方にも読みにくい文章になってしまいますよね。

こういうときのために作っておいたPurple Wikipedia(←クリック)を私はすっかり忘れていました(笑)。
ゴルフをしていない方々、もしくは初心者で専門用語にくわしくない方は、
左下のカテゴリーにあります「Purple Wikipedia」を一度ご覧ください。
初心者にもわかりやすく、できる限り、印象に残るように書いています。

まだまだ、書き足さなければならない用語は山ほどありますが、
今回はゴルフ用語でもよく使われる、グリップ、スイング、アドレスについて追加しました。

また、みなさんの中で、
「この用語の意味がよくわからない」、「この用語をPurple Wikipediaで書くとどうなる?」というご要望がございましたら、
いつでも、おっしゃってください。
一番頭を悩ますカテゴリーですが、その分やりがいがあります(笑)。




グリップ @

ゴルフにおいて、グリップの意義は大きく分けて2つあり、
1つはクラブを握る部分のゴムのこと、
もう1つは、クラブの握り方である。
(今回はこの握り方について説明する)

グリップと言えども、そのショットをする時のグリップとパッティングをする時のグリップとがあり、
ショット時のクラブの握り方は3種類存在し、
パターの握り方に関しては支流を含めると数え切れないほど種類が存在する。
ショット時の3種類の握り方には、
インターロックグリップ(インターロッキング)、
オーバーラップグリップ(オーバーラッピング)、
テンフィンガー(ベースボール)グリップ
がある。

インターロッキングとは、
右手の小指と左手の人差し指が絡む形のグリップ。手の小さい人に向いたグリップで、

オーバーラッピングとは、
右手の小指を左手の人差し指に乗せる形のグリップ。現在主流のスタイルであり、

テンフィンガーグリップとは、
野球のバットを握るように、10本、すべての指で握るグリップ。
ゴルフを始めて間もない人には、馴染みやすいグリップである。

パターの場合、
さらに多くの握り方が存在するが、
本流なのは、逆オーバーラップグリップとクロスハンドグリップだろう。

逆オーバーラップグリップとは、
オーソドックスなパターグリップのスタイルの一つで、フルスイング時のグリップを少し変え、
左手の人差し指を右手の小指の上に乗せるグリップ。

クロスハンドグリップとは、
左手が下で右手がグリップエンドにくるグリップ。


そして、少しややこしくなるが、重要な要素であるグリップのタイプについて説明する。


ストロング・グリップ
グリップのタイプでウィークグリップと対比される。
右手の親指と人差し指が作るV字が右肩の肩甲骨をさすような握り方で、
ドローやフック(右から左へ曲がる)ボールが打ちやすい。
ショット時のグリップとして、最近は、このストロンググリップが主流。

ウィーク グリップ
右手の親指と人差し指のV字が左肩、もしくはあごをさすような握り方でフェードやスライス(左から右へ曲がる)ボールが出やすい。


ゴルフを始めたら、まず最初に身に付けなければならない技術がこれらグリップである。
グリップにより、球筋に変化が生じたり、打ちづらさが増したりするので、決して甘く見てはいけない。

なお、小鳥を包み込むようにゆったりと握るゆるゆるグリップが、
専門書やゴルフ雑誌などで提唱されているが、

はっきり言って、余計なお世話である。

なぜならば、人間誰しも、ボールを打つ瞬間グッと力が入ってしまうのは、
生理的に見ても仕方がない本能である。
いわば、トイレで用を済ましたあと、トイレットペーパーでおしりを拭う動作に近く、
それを拭かずに出て来いと主張してくるので、正気の沙汰ではない。



アドレス @ 

ボールを打とうと構える姿勢。
ゆったりと安定した姿勢が望ましい。
ある程度の上級者になると、アドレスを見ただけで、そのゴルファーの実力を把握できる。
また、コースでは、ミスショットする前のアドレスはなにか異様なオーラに包まれていて、
その際、同伴者全員が「あっ、ミスする......」と悟る。(もしくは、「ミスしろッ......」念じる)

女性ゴルファーの場合、
少し胸を寄せて構えるため、
全おじさんゴルファーの野獣的視線を一挙に集めてしまうが、
眼光するどく一瞥すれば、おじさんたちは、散歩に連れて行ってくれると勘違いした犬のように、
シュン...と、未練ありげに引き返していくだろう。
練習場でこういった女性が増えたせいもあり、
近年、追い込まれたおじさんたちは、女性ゴルファーの後方打席に陣取る傾向がある。
女性ゴルファーがアドレスしている間中、
突き出されたおしりをいくらでも、好きなだけ見れるという利点があり、
その際、全神経を集中させて、そのおしりを脳内に留めようとしている事実が、
この度、産経新聞の調査で発覚した。

余談になるが、
おじさんが練習場の前の打席にきた場合、7割の確率で屁をこくので警戒が必要。
中には「コイツ何食ってんだ......?」と深刻に悩まされるほど異次元のにおいを放つおじさんが、
極まれに存在する。

そのおじさんが近い将来、“第2の地下鉄サリン事件”をおこさないよう祈るしかない。


スイング @

クラブを持って振る動作。アドレスからフィニッシュまでの一連の動作をいう。
ゴルフのスイングは力学上不自然な動きであるため、
プロゴルファーでも毎回、完全なスイングをするのは難しい。
そして、一概にスイングといっても、十人十色で、人それぞれに個性がある。
独学で身に付けようとすると、必ず悪い癖がついてしまうので、
初めからティーチングプロに師事するのが得策である。
しかし、ゴルフにおいてスイングは“水物”と比喩され、
毎回練習場に行くたびに直さなければならない箇所が増えるという、
変わった生き物である。
練習場で汗を流してガンバッているおじさんのほとんどが、
このスイングを練習しているといっても過言ではなく、
それほど、ゴルファーにとって、
スイングとは、
基本中の基本でもあり、
永遠のテーマでもあり、
手が届きそうで届かない吉永小百合であるといえる。

しかし、そんなゴルファーにも、極まれに“開眼”と呼ばれる幻想に遭遇する。
ゴルファーが開眼した場合、
スーパーサイヤ人の如く無敵であり、全球といっていいほど、すばらしいショットを放つ。
自分に酔いしれ、「フッ、ゴルフって楽勝だなッ」と高をくくるが、
次の日にはなぜか、旧の木阿弥となっている。
つかの間の夢であり、まさに夢幻と呼ぶにふさわしい怪奇現象である。


幻だとも気がつかず、その夢を必死で追いかけてしまうピーターパン(おじさん)をPurple Golfではいつまでも応援していきます。 

おかげさまでブログランキングで上位にランクインされています。
また見に来るよ!って方はこれからもポチッとしてください。
お願いします。。
これが、かなりの励みになるんです。。
     ↓   And/or    ↓    And/or   ↓
にほんブログ村 ゴルフブログへ    
スポンサーサイト

コメント

なんと!

ゴルフってこんなに用語があったんですねーーー!そんなに無いものだと思ってましたヨ。ちょっとカッコつけて使っちゃおうかな(笑)主人と打ちっぱなしに行って、『私はグリップはオーバーラッピングの方がやっぱりしっくりくるわぁ^^』なんつって、主人がびっくりする顔が浮かびましたわ(笑)
勉強になりますねー、何よりわかりやすいし覚えやすい!

そのおじさんが近い将来、“第2の地下鉄サリン事件”をおこさないよう祈るしかない。

怖い・・・・(笑)
ゴルフ分からないけど楽しく読みました。
チューターの話はいつでもOK、楽しみにしてます。

ひとこと・・面白かったです。
おじさんの考察など・・・。
もっともっと増やしていってください。いずれ、本でも出そうですよね。
実は私も知らない用語が結構あるので、今後参考にさせていただきます。
息子には、このWikipediaでは用語説明できないと思いますが・・・。

くくく・・・www

相も変わらず楽しいねぇ♪
でもネタ考えるの大変っしょ?(笑)
これからも頑張ってWikiはUPして下さいな♪
私は手が小さいからグリップの握りはインターロッキングです~
グリップって大事だよね~
最近しみじみと感じるよ・・・(哀愁)

アカイロ牡丹さんへ

その台詞いったら、ご主人腰抜かすと思いますよ(笑)

ちなみに、
「あ~やっぱウィークグリップだとスライスしか出ないなぁ~」っとぼやけば、さらにびっくりすると思いますよ。。

あゆかっちさんへ

楽しく読んでいただければ幸いです。
少しは印象に残ったと思いますので、
今度使ってみてくださいね(笑)

あろはちゃんへ

おじさん考察っていうか、
私の頭の中ですべて組み立ててますよ(笑)
だから、ほぼうそです(笑)

たった1ページ書くのにかなりの労力と時間を要するので、本なんて無理ですね。。
書き終わった後は、ぐったり来ますからね。。

パー子さんへ

ええ。大変です(笑)

頭がパンクしそうになります。。

それでも、専門用語をどうしても理解してもらわないと、書く方も難しいですし、読む方は嫌になりますからね。。
だから、これからも、おいおいUPしていくつもりですよ。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/80-e8092f8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。