スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親 @ 久しぶりに泣いてしまった 

http://d.hatena.ne.jp/hiroshu29/searchdiary?word=%2a%5bFlash%5d
http://www.geocities.jp/flash556ch/haha.html
http://www.9033700kg.com/ka_chan2nd.html
http://www.geocities.jp/mosssari_ui/flash/kachan.html
http://www.geocities.jp/flash556ch/tyokin.html

母親っていくつになってもウザイとしか思えないんだけど
こういうのを見ると「もっと大事にしなきゃな~」って思う
親孝行したいときには親はいない
なんてことになりかねないしな~
あぁ~でも、何年ぶりだろう・・・
いや何十年ぶりか?
こんなにわんわん泣いてしまったのは・・・
今コーヒーショップだけど、やべっまた泣きそうだ・・・
男は人前で涙を見せないものだけど


人間なら感情豊かに生きたい


昔、友達と一緒に「白い巨塔」をビデオで観てた事あって
その最終回、友達はわんわん泣いてた・・・
「お前何泣いてんだよ~(笑)」
なんて言ったけど


心の中ではうらやましかった


人前でも素直に喜べたり、感動したり、涙したり、怒ったり
大人になるとそういう感情は極力表に出さないのが常識だけど
心を許しあえる友の前ならいいんじゃないのか?
自分の家族だったらいいんじゃないのか?


いきなり親孝行しようと思っても
今までしたことないから
何をすればいいのか見当もつかない
何かプレゼントしてあげたいけど
そういえば、何が欲しいのかも全然わからない


親は自分のこと理解してないなんて思ってはいるけど
自分だって親のことなんも知らないんだな~って今気づいた


原始的かもしれないけど
手紙でも書いて感謝の意を伝えてみるか?
素直に感謝の気持ちを実の母親に送るってかなり恥ずかしいけど
友達のように感情豊かに生きたいからな~。


がんばってみるか


それにしても、2ちゃんねるで泣くとは思わなかった・・・。

P.S  ちなみに
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-759.html#Comment-Header
この記事にも涙してしまいました。。
一度読んでみてください。

ここ最近ランキングが下降したまま、一向に上昇する気配を見せません(泣)
また見に来るよ!って方はポチッとしてください。
かなりの励みになります。。
     ↓   And/or    ↓    And/or   ↓
にほんブログ村 ゴルフブログへ    
スポンサーサイト

コメント

ぜひ親孝行を

私、親不孝をして父をなくしてしまいました。とても大好きな父だったのに。
だから、親孝行をしようと思えたチャンスを大切にしてください。
私には二人の子供がいます。私が子供にして欲しいことは元気で頑張っていることが一番。でも手紙なんて貰ったら一生の宝物にしてしまう。実はもう、お手紙貰ったことがあるんだけどいつも免許証と一緒に持ち歩いています。
ぜひ、親孝行してください。

素直に泣ける

って事はいい事だと思いますね。
まぁ、いつもいつも泣いているのもどうかと思うけど(笑)
自分の事でなく、誰かの事で泣ける人間になりたいですね。
なかなか難しいけど・・・
人が頑張ってる姿や助け合っている姿を見ると
泣けてしまう感情豊か?なパー子です^^;
コブちゃん若いからさ~
「親のありがたみ」って解からなかったんだと思うよ。
当たり前に「そこにある」と思ってたんじゃないかな。
私も若い頃はそう思ってたよ。
でも、「親のありがたみ」を考えるようになったって事は
成長したんだね~(笑)
改まってでなくても、何か、ふっとしたきっかけがあった時に
感謝の気持ちを伝えられるといいね。
それだけで親は嬉しいもんだよ('ヮ'*)
今、親のありがたみをしみじみと感じてるパー子でした♪
今回はオフレコでコメしちゃいました♪

あゆかっちさん

コメントありがとうございます。

なんて書けばいいのかわかりませんけども、素直な気持ちを文章にしてみようと思います。

そういえば、私も母親からの手紙を大事にしまってあるのを思い出しました。その手紙は私が初めてアメリカに渡ったときに「飛行機の中で読んで」って手渡されたものなんですが、ミネアポリス空港で開いて読んだ時、人目もはばからず、わんわん泣いてしまったのを思い出します。内容はうっすらとしか覚えてませんが、「親離れする時期なのですね。私も子離れしなければいけませんね」みたいな文章だったと思います。

それからはどんな手紙でも大事にしまうようになりました。友達からの手紙も母親からの手紙も。
E-mailでは伝わりきれない気持ちって手紙では伝わるのかもしれませんね。

パー子さん

いつもコメントありがとうございます。

そうですねー。
「なんでこんな親から生まれてきたんだろう」なんて思ったことありましたが、「こんな親じゃなきゃ自分は生まれてこなかった」のは事実ですよね。
それにしても、
親にとっては私はいつまでも子供なんでしょうかねー?
私の年齢の時にはすでに親は結婚してたんですから。
少しは考え方を変えてほしいものですが・・・。

あー、いったいどうやれば素直に手紙がかけるんでしょうかー。つっかえ棒みたいなのが心の中で邪魔をしています。もう一回、リンクしたURLに飛んで泣いてもいいんですが、家じゃないから変な人かと思われそうで・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/61-d66b1e9a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。