スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Purple Thinking @ 90を切る法則 

みなさんにとって参考になるかどうかわかりませんが、
私が90を切ったときに考えていたこと(Thinking)をおさらいしてみました。

ドライバーショットはまずボールに当てる

当たり前のことかもしれませんが、ティーグラウンドに立ったとき、このことだけを考えていれば、満振りも防げますし、ちょろもなくなります。意外ですが、効果は大です。

ボールの行方は最後までしっかり見る

これはもしかしたら、私だけに当てはまるのかもしれませんが、
私はなぜかショットをしたあとボールが落ちるところまで見ないんです。
すぐにティーを拾ってカートに戻ろうとするんですね。(無意識にそうするんですよ)
だから、結構ボールをなくすことが多かった気がします。
でも、ボールの落ち際をしっかり見届けられればLostの可能性が格段に減りますね。(←当たり前)
私の場合、つい最近気がついたんです(笑)、
落ちたところの目印を何度も何度も脳に覚えさせばいいんですよね?
本当誰でもやってることなんでしょうが、なぜか出来なかったんですよ。
たとえば、落ちたところの木を目印にしたとしましょう。
カートに向かって歩いてると、どの木だったか忘れてしまうんですね。。(だって、木ってすべて似てるんだもん)
だから、なるべくカートに歩くときもその木や目印から目を離さずに歩きます。(笑)
横を向きながら歩いてると思っていいです。
そうでもしないと忘れちゃうんですよ。(汗)
キャディーがいれば安心できますが、セルフでまわりますからねー。
自分の世話は自分でしなくてはいけません。
Lostは罰としてもイタイですから、なんとしても避けたいですよね。

アドレスがしっくりこない場合はもう一度やり直す

どうもしっくりこないって経験はみなさんもあると思います。
私の場合、グリップがしっくりこないことが多いんです。
なので家で毎日グローブをはめ、クラブを何度も握ってグリップの練習をしています。
その成果なのか、グリップに違和感を感じることは少なくなりました。
まったくなくなったわけではないですが、違和感を感じるときは、またルーティンを始めからやり直します。
あまり何度もアドレスし直すとスロープレイになりそうですし、
同伴者の視線も気になるので私はお勧めしませんが、
一度やり直すくらいどうってことないと思います。
出来る限り一度でしっくりくるようグリップの練習、
アドレスの練習は日々かかさないことが大切ではないでしょうか。

トラブルショットは挑戦しない

トラブルショットの練習は暇なときや飽きたときなんかよくしてるんですが、
いざ本番になると想像していた状況と全然違う場合が多々あります。
そんな場合、練習してないショットをするのは危険です、左右に出すだけでもいいと思います。
実はベストスコアを更新したときもこのトラブルに巻き込まれ、下手に挑戦したものだから、そのホールでトリプルを叩いてしまいました。(それがなければもっとスコアは縮まったのかな・・・。)
トラブルショットに自信をつけるのも重要ですが、左右に出すって選択肢を一番に考えることが大事でないでしょうか。

アプローチはとにかくグリーンへ

グリーン周りでザックリを出してしまうのは私だけではないと思います。
私はよくアプローチで58°のサンドウェッジを握ってしまうんですが、
ザックリが多いです。(情けなくなりますよね)
しかし54°ではザックリした経験はありません。
グリーン周りでは、ピンに寄せるというより、
まずは、グリーンに乗せるということを優先させるべきでしょう。
ミスを極力なくすという意味でザックリが出ないクラブ、ロフトが立っているクラブを選択するのは正しい判断だと思います。
ロフトが寝ているクラブでもピンに寄せられれば最高ですが、ザックリが出れば最悪ですからね。
その中間をとってみたらいいと思います。
(ピンに寄せる+グリーンに乗せる)÷2=90切り
技術的には簡単です。誰でも出来ます。
しかし、どうしてもみなさんがんばってピンに寄せようとしてしまいますからねー(私を含め)
90を切るにはまずはリラックスすることが大切です。
気楽にグリーンに乗せときましょうよ。
80切りとなると話は違ってくるんでしょうけどもね・・・。
私が悩んでるところなんですが、58も54も売って、52と56を足そうかなーっと思ってます。
PWが48度なんでその方がロフトのバランスもいいかなーって思うんですが、愛着が出てきちゃって、替えられそうにありません。(お金もない・・・)
あ~でも替えたい。。

パットは2打

これも当たり前ですね。
でも考え方は一打目は寄せる。二打目は決めるです。
もちろん、ピンまで距離が短ければ決めます。遠い場合がやっかいですよね。
そのためのロングパットの練習も必要ですが、ロングパットはカップに決めると思って真剣になってみてください。
アドレスした後すぐ適当に打つんじゃなくて、なんどもカップを見て、なんども決めてやろうって意識してみてください。
不思議と距離感が湧き出てきますよ。

バンカーは一打で出すだけ

私はバンカーショットが得意ショットだったんですが、最近は苦手になりつつあります。
しかも、今練習したところで冬がきたらラウンド出来ませんからねー。
完全放置です。(笑)
日本に帰って練習します。
なので、今はバンカーに入れてしまったら寄せるのではなく出すことに専念しています。
簡単なことです。
ボールの手前の砂を思いっきり叩けばボールは出ますからね。(笑)
バンカーで二度も三度も叩くのはもったいないですし、二度三度で出したところでピンに寄るとも考えられませんから、だったら満振りでもいいから一打で出しちゃいましょうよ。

残り1mのパットも慎重に

これは大事ですね。
私は1mくらいのパットになるとラインも読まずに打って外すことがラウンド中何度もあります。
ホールアウトするまで集中力を欠かさない。
これは基本ですが、意外と守れない部分でもありますね。


いかがですか?
少しは参考になりましたか?
すべてを守ろうとするのはそれはそれで大変ですが、
ティーショットはこう。バンカーはこう。トラブルはこう。アプローチはこう。ってひとつひとつ状況と組み合わせていけば、案外いい目安になるんじゃないかなーって思ってます。

次回のラウンドで90を切ってくださいね。
スポンサーサイト

コメント

連日のご訪問ありがとうございます!
遊びにきました!

90切りの法則…うんうんとうなずきながら拝見しました!

けどなかなか実行出来ないんだよね~!
『欲張ったらあかん!』って頭でわかってても、
体がつい…無茶やりたがるんですよね。

haruはPWが45度なんで、SW56度 AW50度使ってます。
フルショットで80Yと100Y いい感じです。

次のラウンドはこの法則で、80台目指します!

いらっしゃいませ。

ご訪問ありがとうございます。

そうなんですよねー。
どうしても欲が出ちゃうんですよね。。
ゴルフってやっぱりメンタルの部分が大きいスポーツって実感しますよね。

100ヤード以内のクラブについてはまだ悩んでます。。51°のAWでも購入しようかと考えてます。。

これも難しいですけどね。

次のラウンド80台ですかー!
遠くからですが、応援してます!
がんばってくださいね!

ふむふむ・・・

なるほどなるほど。
私にはまだまだ到達出来ない次元ですが
参考に、来週の遠征?ゴルフ、頑張ってみます~♪

パー子さんへ

来週ゴルフなんですか~。
私のところは風がかなり冷たくなってきたので、最近はヒーターが完備されてる練習場で打ってるだけですね。。

パー子さん。
80ってどうやったら切れるんですか??

( ̄~ ̄;) ウーン

お答えします♪


我らが師匠の某クラブ職人さまにお聞きした方がよろしいかと存じます(笑)



80の切れない私に聞かれても
それは歯のない赤ん坊に
「お肉食べて♪」って言ってるのと一緒だよう~(笑)

ナイスたとえ~!

80切るのは目標ですが、当面は80台をキープしなきゃいけませんからね。。

まずは、自分のゴルフでも振り返ってみますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/52-352ab56b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。