スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Purple Wikipedia @ カウント編 

ホールインワン @

1打でカップに入れること。
主にPar3のホールで見られる。
極まれだが、短いPar4、もしくはPar5でも達成する人がいる。

注意しなければならないのが、
日本の場合ホールインワンを達成すると
達成した本人が同伴者や同伴キャディーに記念品を贈ったり、
食事に誘わなくてはいけないという奇怪なしきたりが存在するということ。
結果、それが大きなコンペなどで達成されたとき
会食、記念品、記念コンペなどの費用が莫大にかかってしまうケースが多く
ホールインワンを達成したゆえに破産する人が実際出てきてしまった。
落語のような、都市伝説のような話である。

それゆえに日本にはホールインワン保険といわれるゴルファー保険が出回っている。
これは基本的にはクラブの盗難にあった際だとか、
プレイ中に相手を怪我させてしまったとか、
クラブをこわしてしまったとか
といったときに適応されるものだが
ホールインワンを達成したときでもその費用を肩代わりしてくれるというものである。
一日だけでも手軽に加入できるので入っておいて損はないだろう。

ホールインワンを達成することは全ゴルファーの憧れである。 
それを厄払いだとか記念だからとか荒唐無稽な言葉でタカるゴルファーが多い。
常識的に考えれば同伴者や同伴キャディー、もしくはゴルフ場がその達成した本人をもてなすべきである。
もしくは、おめでとうの言葉だけでも十分である。
また、ゴルフ場によっては記念樹の贈呈をすすめられるところもあるが、
プチトマトの種でも蒔いとけばいいだろう。

そして、ホールインワン達成記念にそのプレーヤーの銅像、もしくは写真が刻まれたプレートが各同伴者に手渡されるケースがあるが、手渡された家族にとって、知らないおじさんの銅像を飾っても、またどこかに保管しておいても不気味なので、近くのお寺に持っていって供養してもらうのがよい。

また、近年「オレオレ詐欺」というのが話題になっている。
実は加害者の半数以上が最近ホールインワンを達成した人で、
被害者の8割以上が近頃、運良くホールインワンに出くわした同伴者のお母さん
という新事実が警察庁の調べで分かった。
加害者の心理状況としては
同伴者がタカってくるので、その費用を同伴者のお母さんから肩代わりした。
ということだろう。
たった一つの負の要素がまた新たな負の要素を生み出した稀有な事例である。


アルバトロス @ (-3)

アホウドリという意味。
パーより3打少ない打数であがること。
Par5でのみ使われる。
ホールインワンよりも達成確立が低く
めったにお目にかかることはないだろう。
それゆえに、達成した場合ホールインワンと同じく記念コンペやら会食やらと開くことが多い。

ここで注意してもらいたいのは
別に大きなコンペでなければ記念品やら会食などは無視してもいいということ。
同伴キャディーには5千円~1万円が相場らしいがそれも無視してもかまわない。
キャディーに対しては気持ちと人々はいう、
それならばと、キャディーに対する気持ち一発ギャグにでもして表せば、
キャディーも喜んでくれるだろう。
ただし、まったくウケなかった場合3万円くらいキャディーに手渡さなければいけないので
自信がある方のみ挑戦してみてもらいたい。


イーグル @ (-2)

わしという意味。
パーよりも2打少ない打数であがること。
Par5で3打、Par4で2打、Par3で1打(ホールインワン)でカップに決めればイーグルである。

よく見かけるのが、Par5を2打で乗せ、イーグルパット(3打目)から3パットして、
パーにしてしまうケース。
パーでも十分なのだが、イーグルという儚い夢を見てしまった分、落胆ぶりは大きい。
このとき一瞬だけゴルフをやめようと全ゴルファーが思う。

なぜか初心者にはイーグルチャンスというものが巡ってこない。


バーディー @ (-1)

幼児語で小鳥ちゃんの意味。
パーよりも1打少ない打数であがること。
バーディーを決めるとすべてのゴルファーから笑みがこぼれる。

初心者ゴルファーでもバーディーチャンスが訪れることが多々あるが、
そのとき、アベレージゴルファーの多くは「外せ」と心の中で叫んでいる。

日本で多いのが
バーディーを決めたあと、ずっとニヤけてしまうおじさんゴルファー。
はっきりいって気持ち悪いが、広い心で彼らの気持ちを酌んであげるのが礼儀である。

かのベン・ホーガンはこのような格言を残している。

バーディーとは胸チラである
            by Ben Hogan



偉大なゴルファーが残す言葉とは到底思えないが、
わかりやすいので引用しておく。


パー @ (イーブン)

規定スコアであがること。
初心者から上級者まですべてのゴルファーが望むスコアである。
初心者に忠告しとくが、
パーオンとはPar4のホールを4打でグリーンに乗せることではない。

びっくりするのでやめてもらいたい。

通常、パット数は2打なので、Par4から2打を引いた数(4-2=2)、すなわち2打でグリーンに乗せることができた場合、パーオンと呼ぶ。
Par3だと1打、Par5だと3打ということになる。

初心者がまぐれでもパーをとると、飛び上がるほど喜ぶ。
しかし、間違って初心者がオナーになってしまうと、
次のホールで一番最初に打たなくてはいけなくなるので注意が必要。
緊張してしまい、パーのことなんて忘れてしまうくらい叩くのが、世の常である。

Par72を切る
これは全てのゴルファーが掲げるささやかな夢ではないだろうか。

いくつになっても夢を追いかけられるゴルファーをPurple Golfでは応援していきます

ボギー @ (+1)

規定(パー)よりも1打多く打ってしまうこと。
Par72をすべてボギーでまわれば90であり、
90切りを目指すアベレージゴルファーにとってはボギーがパーに等しい。
しかし、120前後の初心者にとってボギーがバーディーに等しいとはいえない。
なぜか、初心者でもボギーをとるとがっかりした表情をするのが不思議であり、
まさかパーを狙ってたのかと思うとゾッとする。


ダブルボギー(+2) @ トリプルボギー (+3)@ 4・5・6・・・・・・

120前後でまわるゴルファーにとって
パーに等しいのだが、彼ら自身はそうは思ってないというのは前述したとおり。
シングルゴルファーでも、アベレージゴルファーでもラウンドに1回は叩いてしまうことがある。
ゴルフが嫌いになる大きな要因であり、
本性を現してしてしまう原因でもある。

ダボ、トリプルを叩き、不機嫌になるゴルファーが多いが自業自得。
周りにまで重い空気を漂わせるのは大人気ないというよりも幼稚である。
そういうゴルファーは次回からラウンドに誘われないので注意して直したほうがいいだろう。
中には周りに迷惑をかけすぎてディズニーランド入場禁止になったゴルファーも存在する。
大叩きしても、笑顔がこぼれるゴルファーの方が皆から好かれるが
そのような素敵なゴルファーに限って、キレたときはめちゃめちゃ怖いので十分警戒すべきである。

スポンサーサイト

コメント

わはは♪

これもいい!これもいいぞよ~♪
この、言い回しがね・・・
ツボにハマるんだよね~
でもパーオン。
パーオンとはPar4のホールを4打でグリーンに乗せることではない。
これこれ~ww

私、ずっとそう思ってたよ(爆)
わぁ~、初心者丸出しだぁ~
ノヽッノヽッノヽ!:・(≧∇≦)・: ハッハッハ
笑い事ヂャナイナ・・・
コブちゃんがビックリするといけないので
止めておきます~(笑)

パー子さんへ

あはは。。
よかった喜んでもらえて~!
パー子さんが一番のお客さんですよ~(笑)

しかし、Wikiもそろそろネタ切れになりそうな感じで。。おいしそうなものから、食べてしまったから、残ったのはどうにもならないようなものばかり。。。(ものすごく頭を使わないといけないので疲れます(笑))

パー子さんから、
「これなんてどう?」
なんてゴルフ用語がありましたら、私に提案してください。

ちなみにですね。

パーオンとはPar4のホールを4打でグリーンに乗せることではない。

これですが、
友達にいたんですよ。。
グリーンに4打で乗せて、
勢いよく「よしっ!パーオン!!」
なんて言うから、こっちはびっくりしますよ~!
「うそこけ~!(笑)」と初心者以外みんな思うとおもいます。(笑)

ヤバイヤバイ・・・

そっかそっかw
私も勢いよく「パーオン」と言いそうだったわ(笑)
言わんで良かった・・・プー!(*≧m≦)=3
Wikiもネタ切れですか~
時々の更新でいいですよ~(≧ω≦)b
記事も結構考えて時間かかりますよね~(笑)
お互いボチボチ更新していきませう♪
面白い言葉があったら提案しますね~(笑)

そうしましょう。

はい!
がんばってネタは書き溜めていきます。

更新がすでにボチボチになってますが・・・、こちらもがんばります(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/49-746c3e7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。