スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Purple Wikipedia @ ミスショット編 

シャンク @

初心者よりも上級者に多く見られるミスショット。
アイアンのソケット部分で球を打ってしまい、
真右に近い方向に球が飛んでしまうショットのことをいう。
打った本人が一番びっくりする
主にグリーン周りで出てしまうため、
そのプレーヤーのショットを見ている同伴者の方へ飛んでいってしまうケースもある。
当ててしまった、しまわない問わず素直に誠意をもって謝らなければならない。(危険なので)
仮に当ててしまったプレーヤーが笑って済まそうとした場合、もしくは逆切れした場合、当てられた人はサンドウェッジで思いっきり殴っても良いとされている。
仮に最悪の事態が起こっても事故で済む。
逆に決してそのプレーヤーも故意でやったわけではないので、
同伴者は広い心でそのプレーヤーに声をかけてあげるのもマナー。
「シャンクが出るなんて上級者だねー」とか「当たってないから大丈夫だよ」とか声をかけてあげれば、そのプレーヤーもほっとする。


ダフる(動詞) ダフり(名詞) @

ミスショットの一つ。ミスショットの代表格のようなもの。
リズムの乱れ、緊張、力みなどさまざまな要素が原因でもあるし、ただ単に下手な場合もある。
球の手前の芝をたたいてしまい、ボールがあまり飛ばないことをいう。ちょろ(ちょろの項参照)もダフりの一種でもある。地球を打つとも表現される。うまい人ほど少ないが、全くないとも言い切れない。
「あぁ~あ」という顔を見ているすべての人がするのも特徴
一概には言えないが、家でも会社でも相手にされないおじさんがゴルフを通じ、
地球に怒りをぶつけているケースも少なくない。
その光景に遭遇した場合、芝にはそっと目土をおじさんにはそっと毛布をかけてあげるとよい。  
 (←→ トップ)


トップ @

ボールの上を叩いてしまうショットのこと。「トップしたぁ~」とか言って使う。高いボールは当然出ず、低い地を這うような球で、ランも多いのも特徴。グリーン周りだと致命的ミスになりかねないが、逆にピン(グリーン)まで距離がある場合、ダフりよりも好まれる傾向がある。(グリーンに近づくから)
 (←→ ダフり)
ごく一部だが、地球をこよなく愛するおじさんがわざと芝を傷つけないために打っていることも最近ゴルフダイジェストの調べでわかった。


ちょろ @

読んで字のごとく、打ったボールがチョロチョロっとしか進まないショットのこと。
空振り(空振りの項を参照)に近かったり、ものすごいダフりだったりと、原因は様々。
欧米では「ゴルフ場に舞い降りた天使」と比喩される。
しかし、ちょろした本人の顔はこの世のものとは思えないほどの形相をしている場合も多く、
どちらかというと悪魔に近い。
たまにレディースティーから打とうとしているおじさんを見かけるが、
「そこはレディースティーですよっ?」っと親切心で声をかけないほうがいい。
実はレギュラーティーからのショットでちょろしたケースが多く、2打目だったりもする。
同情的な言葉はかけないのが礼儀。


空振り @

初心者の間のみ見られる現象、もしくは幻想
大概の場合、見なかったことにするのがマナー
緊張感に包まれるティーグラウンドでよく見ることができるが、まれに練習場でも見られる。
後ろを向いてても「空振りした」とわかるため、やってしまった本人はとりとめもない演技でやりすごす。
一瞬「えっ!?」という間(空気)が流れるのが特徴
大きな笑いが取れるため、接待する側がわざとするケースも多いが、
その場合、「フリ」が最も重要で、真剣な面持ちで「今日はドライバーの調子がいいですからー、ここは300ヤード越えを狙います!」とか短く「すいません、集中しますから静かにしてください」とか言いつつアドレスに入るのが良い。出来る限り本気だと思わせなければならなく、いつも以上にアドレスに時間をかけるのも効果がある。そして、振るときは「これしかない」ってほどの満振りで空振りすれば本日の接待ゴルフは成功したと言っても過言ではない。

スポンサーサイト

コメント

∴ゞ(≧ε≦)ブハッ

ノヽッノヽッノヽ!:・(≧∇≦)・: ハッハッハ
毎度、笑いのツボにはまるパー子でありんすよ~(笑)
これさ、「Puple Wikipedia」もしくは「Wiki」って
カテゴリーで括ってくれない?
いつでも簡単に読み返し出来るように♪
あ~これ、ネタにいいわぁ~(笑)
実に癒されるプー!(*≧m≦)=3

ありがとうございます!

パー子さん

とりあえず、書き溜めたネタはこれですべてなんですけど、これからもおいおい記事にしていくつもりですので、今後ともごひいきのほどよろしくお願いいたします。

一応、「ゴルフ用語」ってカテゴリーで括ってあるんですけどねー(汗)
気づきませんでしたか?(笑)
名前をWikiに変えたほうがわかりやすいかもしれませんねー!
やっときます。

P.S 記事にかなり装飾を施してみたんですが、わかりやすかったですか?それとも、読みにくかったですか?

個人的には強調して読んでもらいたいところに装飾してみたんですけども。。
シンプルに書いたほうが、味があってよかったかなー?なんて思っているんです。パー子さんのご意見お聞かせください。

うんうん♪

いいと思うよ♪
強調されるところが頭にしっかり入ってくるから
私は好きだなぁ~www
でも強調部分があまり多過ぎると
却って読みづらくなる場合もあると思うから
これだ!って思うものを強調したらどうかしら?
でも読みづらくはなかったですよん♪
ゴルフ用語のカテでしたか。
でもWikiの方が判り易くていいですね♪
また読み返そうっと(笑)

フムフム

そうですね。
おっしゃるとおりだと思います。

今またWikiネタを書き溜めてるところですので、もうしばらくお待ちくださいね。

何度も読み返していただけるとうれしいです。(涙)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/41-712a3582

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。