スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフの面白さ、魅力 (3打目)@ パター 

カランッコロ~ン。

カップに入る音って気持ちいいですよね~。
今回はパター。
パッティングは初心者から上級者までみんな苦戦します。。
どんなにピンから遠くても1パットで入るなら、ゴルフはさほど難しい球技にはならなかったでしょう。
その難しいパッティングで長い距離のパットをキレイにラインに乗せてカップインさせたとき、
計り知れないほどうれしいものですよね!やっぱりこれが面白さ、魅力ではないでしょうか?

グリーンまで順調でも、
パッティングで大たたきするってことがあります。。
こんなとき、パットの大事さを痛感します。

私は以前からパッティングが嫌いだったんですが、最近ようやくコツみたいなものがつかめてきたと思います。
私のコツとは、アドレスです。
以前はパットを構えたときにどうも「釈然としない、もやもや感」を感じることが多かったんです。
(みなさんも経験あると思います)

私が思うに、それは頭の中でのイメージとアドレスがかみ合っていない時に起こるのだと思い、ルーティンから変えていきました。。

私のルーティンですが、
パターのとき、まずボールの後ろにパターを(グリーンに)おきます。
そして、その芝のラインに沿うように(しゃがんで)パターの向きを微調整するんです。そのとき、パターがボールに触れないように注意します。
向きが変わらないように少しパターを押さえつけながら、
そのパターの向きと垂直になるように左右のつまさきを平行にそろえます。
このとき、私の場合ボールを左足よりにセットします。
この時点でラインに対してスクエアになってるんですが、
インパクトでパターのフェースが曲がってはいけませんし、
アウトサイドインとかなってしまってはせっかく平行にアドレスした意味がありません。
ですので、
なるべく、右足のつまさきと平行のラインをたどるようにパターをテイクバックするんです。
そして、右肩を下げるよう(ショルダーパット)にボールを打つと、ボールには最初から順回転が加わり、ラインに乗りやすくなります。

これが私のパッティングのコツです。。

もし、パッティングに悩んでいるかた、一度だけでも試してみてはいかがですか?

ルール違反だったりして。。(笑)
詳しい方、意見をください。


グリーンの速さ、下りのパットもパッティングを難しくしている要素ですよねー。
私も下りのパットは嫌いですし、グリーンが速いのもなれてません。。

ところで、「芝を読む」って皆さん言いますけど、どういう意味なんですか?

私はボールの後ろから「芝を読んでいる」のではなく、
ピンまでの傾斜、傾きを見てるんですが。。間違ってますか??

芝には向きがあるとか。。
ゴルフ関係のHPで書いてあったのを読んだ記憶がありますが、
実際、そこまで確認したことないんです。。(笑)

どういうことなのか、いまいち私にはわかりません。。
もし、本当に芝を読む(芝の向きを読む?)ことが出来れば、
私のパッティングはもっとマシになるかもしれませんね~。

ブログランキングに参加しています。
こちらにはたくさんのゴルフに関する記事がございます。
興味のある方はポチッってしてみてください。
にほんブログ村 ゴルフブログへ

スポンサーサイト

コメント

ウンウン。

難しいでつ。
・・ってまだ1回しか周ったことないんだけど(爆)

はぁ・・次回はいつ行けるのかな。
予定では12月なんだけど寒いだろうなぁ。

それまでココで少しおべんきょさせてイタダキマッスv-238

う~~ん・・・

芝を読むかぁ~
私達はラインを読むって言いますけど・・・
それとはちがうのでしょうかね?
でも芝の向きは確かにありますよ~
私達は芝目と言います。
順目、逆目ってありますもんね。
傾斜で切れるところもあれば芝目で切れるところもありますからね。
芝を読むって・・・
その事なのかしら?www


雪国

菜乃さん

12月は寒そうですね。。
実を言うと、私が住んでいるところ(アメリカ)は雪国なんです。。

冬季オリンピックが開催された場所です。(長野の後)

だから、冬(雪)が来る=シーズン終了ってことなんですよー。。

最近もどんどん寒くなってきていて、
雪が迫ってきているような気もします。

一応、屋根つきの練習場もありますので、寒い中練習はできますけどね。。

それに比べたら日本の方がマシではないでしょうか?

まあ、寒いのはしょうがないですけどね。。(笑)

ラインを読む

そうなんですよー、パー子さん。

ラインを読むっていうんですよね!
私もラインは読めるんですが(調子悪いときは全然読めませんが・・)

順目、逆目も、言いたいことはなんとなくわかるんですけども、
実際よーく見てみると、
すべての芝が足並みを揃えて「右向け~右、左向け~左」ってなってるわけではなく、、
バラバラに見えるんです。。
だから、芝を読む=ラインを読むって考えたほうが楽なんでしょうかねー?

こんにちは!

パッティング方法に違反は、ないと思いますが…
「規則16パッティンググリーン」ってところでしょうか?
芝を読むってパットのライン、芝目全てにおいてのことなんでしょうね
グリーンを読むのって機械で測るわけにもいかず頼るのは、自分の目というか五感だけですもんね!
私の場合、あまりち密にグリーンを読まないので、第6感が重要ですが…
でもパターは、得意ですよ~
コツは…
長くなるのでまた次回に…
なんて…

第六感ですか~!

コメントありがとうございます。

それって結構大事ですよねー!
いかにアドレスを平行にしたって、
いざ打つときになると、「あれ?左に向きすぎてない??」なんて思うこともあるんです。。「まぁ、練習だから試しに打ってみるか~」なんて打ってみたらやっぱりカップの左を抜けるんですよ。。

人間って不思議ですよねー。

私もゴルフにおいては感性と自分の直感を大事にするようにしてます!!
(だから、90切れないのかも・・。)

パターのお話
楽しみにお待ちしております!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/27-68f7a2c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。