スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフの魅力、面白さ(2打目) @ アプローチ 

前回は真っ直ぐ飛ばすことの”難しさ”が魅力の一つだと私は書きました。
今回はアプローチの面白さについて。

ティーチングプロにより、真っ直ぐ飛ばせるようになった私はアプローチの面白さにハマリました。

ずばり、アプローチの面白さは「イメージ作り」だと思います。

たとえば、ピンまで10ヤードのところにボールがあるなら、ピッチ&ランで4ヤードくらいの所に落とし、ピンまで6ヤード転がすとイメージします。

そうしたら、どのくらいの高さで4ヤードまで運ぶか?どのクラブならイメージ通りの球が打てるか?どこに落とせばどう転がるか考えて、それから打つふり幅などを決めて打ちますね。
言葉にするとややこしくなりましたが、イメージにすると簡単だと思います。
そのイメージ通りに球が打てたとき、自ずと球はピンに寄っていきますから、ますます楽しくなります。
また、10ヤードの距離、ボールの位置、グリーンは変わらずとも、ショットの選択肢は無数にあり、(自分の自由に出来ますからねー)
グリーン周りの左足上がり、右足上がりとかで打つともなるとさらにバリエーションが増えます。

ピンをデッドに攻めるロブショット。
本番ではトップが怖くてあまり使えませんが、
いつもロブショットでピンを狙いたいと思うゴルファーも多いはず!
それくらい魅力的なショットですよね。

ブログランキングに参加しています。
こちらにはたくさんのゴルフに関する記事がございます。
興味のある方はポチッってしてみてください。
にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/25-fdd5d6b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。