スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで行ったことがないコースでプレイ @グリーン速すぎ(汗) 

今回行ったコースはBonnevilleと言う山岳コース。
アップダウンがものすごく激しかったです。
(日本ではこういうコースが多いのかな?)

bonne 1hole


まあ、1ホール目からのアップダウンにも驚いたけど、
この絨毯みたいなキレイな練習グリーン。

bonne green


サクサクって音がして気持ちがいい!
平坦な部分ではグリーンの早さはあまり他のコースと変わらないように思えたけど、
ちょっとでも下ったりすると、
とんでもなく転がるんです。。(;^_^A アセアセ・・・

コースでも3パット、ヒドいところでは4パットもしてしまいました。。( ̄▽ ̄;)!!ガーン
グリーンのアンジェレーションも複雑で読みにくかったです。。(私だけかも?)

それでもとにかくすごいキレイなコースでプレイしてて気持ちがよかったです!!

結果は98。OUT 51, IN 47 でした。。惨敗だ~。。
今までいかに簡単なレイアウトでプレイしてたのか痛感させられました。。(_ _。)・・・シュン

今回一緒に同伴させてもらった人たちは
スコットさん、フライさん、ジェフさんのナイス初老のお三方。

スコットさんに1holeで話した際、
「初めてなのでコースを教えてください」
っと聞いたら快くOKしてくれて、
各ホール事にコースの攻め方、ドライバーショットで狙う位置などを教えてくれました!

本当に良い人たちだった~~!! (´▽`) ホッ

コースの攻め方で勉強になったのが、
2打目を打ちやすいところに持っていく。 っということ。
私はティーショットでドライバーを振るときは
いつもOBや池などの障害物を避けるように狙い、打ってました。

でも今回スコットさんが言う攻め方は、
「右がOBでも右側に打つ。なぜなら、その場所がフラットで一番打ちやすいから」
確かにその通りで、
今日のような山岳コースではフラットな場所がほとんどなく、
大概が傾斜に立って打たなければならないところばかりでした。。

次回から
ティーショットはセカンドショットが打ちやすい場所に打つ!!
ってことを心がけてみたいと思います。
(でも、初めてまわるコースじゃ~どこに打てばいいのかわかりませんよね。。(笑))

ちなみにスコットさん達3人組も18ホールまわる予定だったんですが、
前の前の組のスロープレイで時間を食ってしまい、
夕方の仕事までに間に合わないかもしれないので9ホール終わった時点で帰られました。

アメリカの場合、
途中で上がっても、レインチェックというものを受付で発行してもらうことが出来るんです。
これは主に突然雨が降った時とかにそこで切り上げて、
次回その途中で止めたホールからプレイ出来るものなんですが、
別に雨じゃなくてももらえます。
もし、アメリカでプレイすることがあったら覚えておいた方がいいですよ~!( ̄∇+ ̄)vキラーン

後半はまたまた一人ラウンド。。最近は後半一人でまわることが多い...
今まで長い間一人でラウンドすることが多かったので、
同伴者とまわる緊張感、またグリーン上でのマナーやルールなどは気にしなくて良かったんですが、
それではメンタル面でもゴルファーとしても経験が積まれないっということに気づき、
なるべく多くの人たちとラウンドすることを心がけてるんです。。

でもあれですね~。。

さっきまでにぎやかだったのに、
いきなり一人になると寂しいですよね~。。(_ _。)・・・シュン

後半はいつも通りまったりとゆったりと前の組、
後ろの組とのペースに合わせながらまわってました。

今回、スコア98っと100をギリギリ切ったスコアになったんですが、
なんか嫌な気持ちはしないです。
やっぱり知らないコースでプレイすると気持ちがわくわくしますね!

いろんなコースの経験を積み重ねて、それが生かされれば、
より安定した良いスコアが期待出来ると思います。

ちなみに次回も”いままでプレイしたことのないコース”にチャレンジしたいと思います。

bonne 18hole


18th hole

ブログランキングです。
↓↓クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ゴルフブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/18-028812a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。