スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベット大虐殺 @ 海外メディアがラサ入り  

  green-400-bar.jpg


チベット僧30人が海外記者に訴え ラサで中国当局を批判

2008年3月28日 朝刊

 【北京=新貝憲弘】大規模暴動が起きた中国チベット自治区ラサで27日、中国政府の手配で現地入りした海外メディアの取材団に対し、チベット仏教の若い僧侶らが「チベットは自由じゃない」「当局者はうそを言っている」などと直訴する騒ぎがあった。

 AP通信によると、取材団は同日午前、暴動発生の中心地となったチベット仏教寺院ジョカン寺(大昭寺)を訪問。約30人の僧侶が現れ、当局が取材対象として用意した参拝者を「本当の信者でなく中国共産党員だ」と指摘し、暴動後に寺を封鎖していた軍隊が前日夜に撤退したことを明らかにした。僧侶の中には興奮して泣きだす者もいたという。

 僧侶らはまた、暴動とチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は無関係と訴え、「中国当局はわれわれにダライ・ラマをつぶさせようとしているが、間違っている」と主張。さらに「(この行動で)逮捕されるだろうが、構わない」と話し、当局者があわてて取材団を引き離した。

 取材団は、中国外務省と自治区政府が選定した北京駐在の19社(香港、台湾、国内メディアも一部含む)で構成され、26日に現地入りした。

 暴動後初めて海外メディアにラサを公開することで「暴動はダライ・ラマ14世を黒幕とした陰謀」という中国政府の主張をアピールする狙いがあるが、取材には常時当局者が同行するため、客観性に欠けるとの批判も出ていた。

 中国外務省の秦剛副報道局長は27日の定例会見で、僧侶らが海外メディアに直訴したことについて「(チベット独立などという)別の狙いがあり、根拠もなく、無責任で(主張は)事実でない」と批判した。

中日新聞より引用 本記事はこちらをクリック




「すべてやらせだ」
直訴のチベット僧らTV映像に


 【香港=吉田健一】チベット族による大規模暴動が起きた中国・チベット自治区の区都ラサで、中国政府が組織した外国メディア取材団の一員として取材した香港無線テレビ(TVB)は27日、「取材先の寺院の参拝客らはすべて当局が動員した関係者だ」などと訴えるチベット僧侶の姿を放映した。

 チベット仏教寺院ジョカン寺(大昭寺)を訪れた取材陣の前に現れた僧侶が語ったもので、「当局者を信じるな。すべてやらせだ」などと泣きながら訴えたという。

 中国外務省の秦剛・副報道局長は27日、「僧侶が何を言ったか承知していないが、(やらせとの指摘は)根拠がなく、無責任で事実に合わない」と反論した。

読売新聞より引用 本記事はこちらをクリック



今回、騒動のあったチベットのラサに海外メディア(26人)が派遣された。
中国共産党に選ばれたメディアがチベットの真実を報道出来るのか疑問だったが、それ以前に、彼らには常に中共党員がつきまとい、行動はすべて中国側が決め、彼らが自由に街を歩くことも許されないという報道に幻滅されられた。

「害虫国家にはジャーナリズムという言葉はない」
さらに、「そんな害虫に淡い期待すら持ってはいけない」と自分の甘さに改めて気づく。

今回、海外メディアがラサ入り出来たという背景には、
世界のチベットに対する強い関心、
世界各国から寄せられる北京オリンピックボイコットの示唆、
そして、シナが貫き通す“虚実”を海外メディアを通じ“真実化”させる狙いがある。


しかし、
シナ人の様に単細胞ではない私たち日本人や外国人はそんなシナの手口に騙されるわけがない。


「ダライ・ラマが暴動に関与している」とか、
「中国は武力行使は一切していない」など、

シナは狂った様に虚言を連呼しているところ見ると、
どうしてもこれらを世界に信じてもらいたいのだろう。

しかし、ダライ・ラマが今回の騒動に関与している証拠はなく、
でっち上げであることは言うまでもない。

ところが、シナの武力行使はすでに万人周知の事実。
検索すればネットにはすでに銃弾で倒れたチベット人の死体写真がアップされている。

なにより、日本のニュースですら騒動が起きたその次の日には、
ラサ市内で銃撃音や大砲の音が響き渡る映像が放送された。

チベット人が石ころしか持っていないのに誰が銃を乱射出来るのか?


もちろん、シナの軍隊以外考えられない。

今回、辛くも海外メディアがラサ入り出来たのだが、
シナの軍隊によるチベット人への武力制圧が一旦完了したということを私たちは忘れてはならない。

騒動の直後、軍隊を乗せたトラックが400台以上ラサに入ったという情報もあり、デモや騒動に関与した人の多くはすでに亡骸にされその遺体も既に回収済みだろう。
さらに騒動に関与していないチベット人が住む家にもシナの軍隊や公安当局が押し寄せ、家族のうち一人を無作為に選んで強制的に連れて行くのだそうだ。

シナの伝統的な悪習である連帯責任ってやつで、
連れて行かれた人々に拷問を加え、

「今回の首謀者は誰だ!」と質問と暴力をふきかける。

あまりに口を割らない人には、
「首謀者を吐いたら金銭を与える」と言って口を割らせようと試みる。

もちろん、首謀者がいないのだから吐けるわけがないし、
吐いたからと言って自由になる保証は無い。

ただただ、死ぬまで拷問に耐えるしかチベット人に選択肢はないのだ。


現在刑務所に入れられているチベット僧や市民に対する拷問は北朝鮮のそれとは比べ物にならないほど惨い。
文章にするのも躊躇うが、
「ダライ・ラマ万歳~!」という声がうるさいというだけで僧侶の舌を抜いたりする。

はっきり言って、日本人の想像力では補えないくらい悲惨で非現実的な刑務所。
ドイツのアウシュビッツの方がマシかもしれないと思える。

過去、何万人何十万人というチベット人が殺されていったこのこの強制収容所。
現在、何千人何万人のチベット人がこの強制収容所に入れられているのだろうか......

彼ら自身でその檻から抜け出す手段などない。
海外という外部からの助けが無くては彼らを救うことなど出来ない。

今回の海外メディアに訴えかけた僧侶もまた刑務所に入れられる。
彼らはただ真実の声を発しただけなのに、
シナには「(チベット独立などという)別の狙いがあり、根拠もなく、無責任で(主張は)事実でない」と言われる。

この言葉、誰かそっくりそのままシナに突きつけてくれないだろうか......263

しかし、ジャーナリストに自由を与えないでさらに僧侶の発言が事実に異なるとか公平性に欠ける報道とか平気で発言するシナを見ると、もうシナには絶望しか感じ得ない。

シナからしてみると、
シナが仕込んだ「やらせ」以外は真実ではないと言いたいのだろう。
中国共産党は世界の空気が読めていないのか?
いや、読めてはいるけど今更どうしようもないのだろう。
自分らの主張を貫き通すのが中国の面子(メンツ)文化でもある。
この面子文化、今まで私は忌み嫌って来たが、
今回ばかりはニヤけてしまう。
世界はすでにシナが嘘つき国家だということを認識し始めていて、
この事態でシナを仮想敵国に仕立て上げるだろう。
間違いなく今回の報道はシナ帝国崩壊の序章であり、
世界が中国を敵と見なす「つかみ」なのだと思う。

この地球に巣食う害虫を駆除しに、世界が近々動き出すことに期待したい。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

現在、私が心配していたよりもいい状態に世界が動き出しています。
日本は相変わらず中国に遠慮しているようですが、
私は福田には就任前から寸分たりとも期待してませんし、
あんなシナの傀儡政権は日本にとって百害あって一利無しと思っています。
そんな日本は置いてといて、
海外ではオリンピックボイコットや開会式への出席拒否などの声明が出されつつあります。
正直これだけではチベットの未来は明るくないのですが、
チベットの自由へ一歩前進しただけでもうれしい限りです。
今後、シナへの軍事介入、チベットへの連合軍派遣が出来れば一気にチベットを自由へ導くことが出来そうですが、これはまだ早いですね。

とはいえ、ベルリンオリンピック、モスクワオリンピックと、
両方とも独裁国家が開催したオリンピックなのですが、
両国ともオリンピックを開催してから10年以内に崩壊しているのだそうです。

中国も10年以内には崩壊する可能性があります。
これは実現したらうれしいですが、
これからさらに10年間もチベット人を苦しめたくはありません。
どうにかして、一刻も早くチベットに自由を与えたい。
出来る限り日本人にもチベットに関心を持ってもらい、シナに警戒してもらいたい。
そう思い、私はこれからもチベット問題を取り上げて行きたいと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



そういえば、日本の仏教界は何をしているのでしょう?

特に「創価学会」の虫どもは、
同じ仏教徒が弾圧されている現状に何も言わないんですね~?

所詮、そういう類いの虫どもだと確信はしていたのですが、
こうも黙り込むとは思ってもみませんでした。
おかしいですね~。
中国とはものすごく親密な関係なのに、
中国の首相のオンカホウとも池田大作は会談してるのに、
なんにも言わないんですね~。

やはり、宗教なんて名ばかりで、
格好の資金集めの場だったんですね。(笑)

ったく、こんなやつらが日本の政権を担っていると思うと寒気を感じます。
創価学会よ!とっとと消えるか朝鮮に帰れ!という人はポチポチとクリックしてください。
   ↓        ↓
にほんブログ村 ゴルフブログへ  
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

応援コメントありがとうございます。
読みにくい文章ですけども、
これから先、チベット人に歓喜の声が戻るまで、微力ながらも度々チベット問題について関心を広めていきたいと思います。



v-17potipoti

v-17がんばれ~

v-17ワタシ ムズカシコト ワカラナイアル

v-17ジュワッチ!

Broさんへ

そうですよね~(笑)。
まぁ、こういうところもあるんだよ~って程度に覚えておいてくださいな。

ポチポチありがとうございます。

あらら…カギコメにしてたんですね。
公開で書いたつもりだったんですが失礼しました。(汗

>チベット人に歓喜の声が戻るまで、>微力ながらも度々チベット問題について関心を広めていきたいと思います。

はい、私もしつこくしつこく書き続けようと思ってます。

中国軍は、タンカ僧院(Dzoge郡)の僧侶と一般人を、ひきつづき逮捕しつづけ、「私は、"不当にも"、最近おこなわれた独立派のデモに参加しました」と書かれた手紙に署名を強要しているとのこと。もちろん、僧侶は一人も署名していません。

どこまで汚いのか中国。

(当方政治色の強いブログでご迷惑かけると思いますので、拙ブログのURL外しておきます)


鴻さんへ

また訪問していただきありがとうございます。

そうですね~、このまま日本人の関心がないとなるとマスコミも取り上げなくなりそうですから、動くなら今しかありませんね。一応ゴルフブログなんですが、それゆえにでしょうか?政治の話しをしてもコメントこないんですよ~(笑)。ですから鴻さんのコメントはいつでも大歓迎です。

そしてチベットですが、本当に悲惨な状態になりつつありますね。ボイコットの話しは出てきますが、ダライ・ラマと中国の会談は実際行われることはないでしょう。行っても私たちが望む結果にはならないと思いますから、温和なダライ・ラマがかなり譲歩してしまう可能性もあります。その譲歩がまた中国をつけあがらせますから、ここは強硬姿勢を貫ぬかないとそれこそ絶望的状態になってしまうかもしれません。

それと、海外メディアが拘置所にいた僧侶にインタービューをしましたが、その質疑応答も怪しかったですよ。。
家族や友人を人質に取られている可能性があります。そうじゃなきゃああいう発言はおかしいです。

本当に現代にはあるまじき進歩のなさ、成長のなさが垣間見れる中国ですね。。

私は毎回チベットの話しをすることは出来ませんが、これからもよろしくお願いいたします。

またまた現れました^^

フランスが中国を支持しやがりました。
金に目がくらんだ虐殺共犯国家です。
日本とてフランスの姿勢をとやかく言えないのですけど…。

>このまま日本人の関心がないとなるとマスコミも取り上げなくなりそうですから、動くなら今しかありませんね。

そうですね、中国の問題は特にマスコミの消極的姿勢が顕著です。
ここまでくると逆にわかり易いですね。

世論というものは自然発生的に生じるものではない。
現代社会の世論はマスコミが作ってきました。
日本のマスコミはあてになりません。

>それゆえにでしょうか?政治の話しをしてもコメントこないんですよ~(笑)。

うう…yahooに開設してる私のブログも、社会・政治を取り上げると閑古鳥です。
お気が向いたら拙ブログのお客様のところもお訪ねになってみてください。
拙ブログのお客様は政治・社会・国際情勢に明るく勘の鋭い論客揃い。拙ブログよりはずっと話甲斐がありましょう。
機会があったら是非。^^

>温和なダライ・ラマがかなり譲歩してしまう可能性もあります。
>ここは強硬姿勢を貫ぬかないとそれこそ絶望的状態になってしまうかも

私もこの機を逃してはいけないと思っています。
ダライ・ラマ法王は非暴力主義の人ゆえ、僧侶やチベット人の生命と引き換えに無理難題を押し付けられる。中共はとことんヤクザですからね。
しかし8000人の共産党員は揃いも揃って頭が悪いですね。嘘をつくのが下手です。
というより情報網が発達した今、毛沢東時代の捏造や情報規制が通用すると思ってるんでしょうか。

五輪を開催した共産国は10年以内に崩壊していますね。
このジンクス通りになれば良いと祈る思いです。

フリーチベット!

また来ます^^

鴻さんへ

コメントありがとうございます。
何度もコメントをいただけると本当うれしいです。チベットについてお互い見識も深めていけますし、記事を書いてよかったと思えます。

ところで、フランスは訪英で英国首脳と会談しましたとき、英国は開会式を欠席しない、フランスは開会式出席を留保......とニュースを見ましたが、五輪自体のボイコットの話しはまだまだ出ていませんね。各国とも世界の動きを観察しているってところでしょうか。。鴻さんがおっしゃるフランスの中国支持、とのニュースは私が読んだこの記事と関連しているのでしょうか?↓
http://www.cnn.co.jp/sports/CNN200803280017.html

日本のマスコミはスポンサー次第でコロコロ話題を変えてしまいます。現在中国相手にビジネスをしている企業が多いですから、マスコミも先頭立って中国批判が行えないんですね。企画段階でスポンサーから圧力がかかってしまうそうです。だからといって、私はマスコミに同情する気はありません(笑)。コメンテーター、メインキャスターの大局を見据える能力のなさ、戦略の薄さはアメリカと比べると致命的です。ただの一部情報として見れるのであればいいですが、精錬された情報、つまりはこの情報を信じて行動すれば間違いが無い!と言える情報は少ないですね。視聴者である自分がその情報を元に自分で考え、行動しなければいけませんから、少しメンドクサクはありますがこれがこの国のジャーナリズムであり現状ですよね。

(私も一般人ですが)一般人からしてみると、そのようなニュース番組、情報番組はめんどくさくもあり、ほぼニュース番組の志向に流れてしまうんですね。それがいわゆるマスコミによる世論操作だと私は思っています。

そして、ニュース番組が必ず取り上げる話題は政治です。
その政治という仕事は途方も無く、答えも難しい苦悩の連続です。
一般市民には重すぎるカテゴリーでしょう。ブログにコメントがこないのは半ばしょうがないと諦めてはいるんですが、反面、私と同じような意見の記事を書き続けている人もいる、そういう人たちを見ると、私もがんばるぞ!という少しの競争心と愛国心で時々記事を更新しています。鴻さんのお客さんのブログもあとで訪問させてもらいますね。

中国人には2種類の人間しかいないと言われています。

悪い人かもっと悪い人(笑)。

どう転ぼうが害虫であることは間違いありません。。(笑)
中国が崩壊しても中国人が消滅するわけではありませんから楽観視は出来ませんが、チベットには少なからず有利に事が進むと思います。苦難もあるとは思いますが、まずは自由を勝ち取る事。当然の自由を彼らに与えたいですよね。。

もちろん、またいらっしゃってください。私もお邪魔させてもらいます。

ああ…私、他の国と勘違いしていたようです。
たぶんインドやネパールと。

本日、英首相ボイコットの報が流れ
オバマ氏が「ブッシュはいくべきではない」と苦言を呈した報も流れました。
批判の声、もっと強まれ!と祈っています。

どうか今後ともチベットをご支援くださいませ。

鴻さんへ

お久しぶりです。
長い間このブログを放置してしまいました。(笑)

中国への怒りの聖火リレー。
私が危惧していたよりも大きな力がヨーロッパとアメリカを包み込んでいるようです。このまま行けば、間違いなくチベットに取って明るい未来が訪れそうです。その為にも少しでもチベットに支援を続けていきます。
ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purplecobra.blog122.fc2.com/tb.php/146-98c09ab5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。